0429

 

今日はこれと言って特に何もない一日だった。

まあこれと言って何もない方が平和で良いのだけれど。

 

昨日は久しぶりに、高校自体にバイトしていた飲食店の社長から電話があった。

コロナで売り上げが落ちていると思ったから、

フェイスブックでつながっていた社員さんを通して

転身を通販しまくっていた。お礼の電話だった。

 

お礼を言われることはすごくうれしいことだ。

そしてお礼が言われたいから、

また誰かの分を購入しようと追加で発注する。

 

これはもはや承認欲求を満たしてもらっていると思っている。

ただ、その元バイト先の人は、

何個買ってもとても喜んでくれる。

 

誰かのためになっているということが、

自分をこんなに嬉しくしてくれる。ということを最近すごく勉強させてもらっている。

 

悪い話のときは義理人情は一切関係なくあるのは法律とルールだけだが、

良い話のときは義理人情が大活躍する。

そんな良い話ばかりで自分の人生を埋めていきたいと思う出来事だった。

 

 

 

話は変わるが他人と生活していると、

相手のことが心底嫌になる時がある。

今日はその日だった。

 

俺は急いでいる⇒プライベートごとでしょう?

ガソリンがないから入れようといっても、俺は急いでいる⇒結局途中で入れる羽目に

そして舌打ちとため息。

だったら仕事の打ち合わせの時もそれくらい神経つかえよと。

私が言いたいのはそれだけ。

 

私は私の世界を生きていて、

私の世界を毎日ハッピーなものにしてあげたいと思っている。

それをこんな身近な人から害されると、

しばらく気分が悪い。

 

気分を切り替えるために貼る服を買った。

待ちを見ると、もうだれも黒いストッキングなんて履いていなかった。私だけだ。

急いでネイビーのタイトスカートと、白のサマーニットを買った。

 

服を着た自分を想像すると、

ちょっと足が太すぎると思った。

久しぶりのリファを引っ張り出してきて、

コロコロしてみようと思う。寝ちゃうかもしれないけれど。

 

 

余談だが、私と同居人は生活に対する価値観が全く違う。

同居人は、ぜいたくをするために頑張っているらしい。

私は、別に大きな贅沢もしなくていいし、ファッションだってシンプルでいい

そして持ち物は全て最小限が身軽でいいと思う。

そう、真逆。

私は毎月自分が30万円はいってくる仕事ならなんでもいいとおもっている。

今は会社をやっているから、

身内が困った時に助けてやれる人を目指しているけれど。

会社がなければ30万円あれば全然暮らしていける。

根底にそれがあるから、

会社を辞めてしまいたくなる時もある。

だけどすぐにはやめられないから、

なんとか自力で、出来ればパソコンだけで、

30万円かせげるようになりたいなあとおもう。

特に何をやっているわけでもないのだけど。

 

そろそろきちんと、30万円のせいかつひをかせぐために

注力していかなければいけないな。

きっとそれを作れたら、精神にすごく余裕が出る気がする。

 

明日はハンモックでも出してみよう。

そしてほろ酔いを買ってきて、

ハンモックで寝そべりながらブログをかけたらいいな。

文明社会に感謝。

 

何かもっと書きたいことがあった気がするけど、

今日はここまで。

またあした。